アマゾン - ジャベリンとスピアのスキル: / パッシブと魔術のスキル / 弓とクロスボウのスキル


弓とクロスボウのスキル

  • 全ての弓スキルの攻撃値ボーナスは取り除かれています。このボーナスはLoDのバグのため機能しないからですが、キャラクター画面の攻撃値ボーナスは上昇しています。

マジック・アロー

要求レベル
1
必要スキル
なし
LoD版との違い
最小・最大ダメージの代わりに魔法ダメージを追加します。攻撃値ボーナスはLoDそのもののバグのため機能しないので取り除かれています。
長所
矢を消費しない。13レベル以降マナを消費しない(マナバーン対策に良いです)。物理ダメージのスキルレベル%を魔法ダメージに変換します(物理無効対策に良いです)。
短所
単体対象であること。
slvl12-89-1617-2223-2829+
魔法ダメージ(ES)7-14+7+14+28+56+56
最小・最大ダメージ (LoD)1+1
物理->魔法ダメージ変換率%1+1
消費マナ1.5-0.125 (13レベルで0になります)
相互ボーナス
コールド・アロー: +7% 魔法ダメージ (1レベルごとに)
イモレイション・アロー: +7% 魔法ダメージ (1レベルごとに)
フリージング・アロー: +7% 魔法ダメージ (1レベルごとに)
エクスプローディング・アロー: +7% 魔法ダメージ (1レベルごとに)
ライトニング・アロー: +7% 魔法ダメージ (1レベルごとに)
ポイズン・アロー: +7% 魔法ダメージ (1レベルごとに)
(変換された魔法ダメージにシナジーボーナスは働きません。)

コールド・アロー

要求レベル
1
必要スキル
なし
LoD版との違い
大幅にダメージが上昇しています。
長所
短所
slvl12-89-1617-2223-2829+
冷気ダメージ(ES)7-14+7+14+28+56+56
冷気ダメージ (LoD)3-4+2+2.5+4+8+21
冷気効果時間 (秒) (ES)5+1
冷気効果時間 (秒) (LoD)4+1.2
物理->冷気変換%3+2
消費マナ (ES)2.5+0.125
消費マナ (LoD)3.5+0.125
相互ボーナス
マジック・アロー: +7% 冷気ダメージ (1レベルごとに)
フリージング・アロー: +7% 冷気ダメージ (1レベルごとに)
ポイズン・アロー: +7% 冷気ダメージ (1レベルごとに)
フロスト・ノヴァ: +7% 冷気ダメージ (1レベルごとに)

マルチプル・ショット

要求レベル
6
必要スキル
なし
LoD版との違い
通常版の中央の2本の矢に代わり、3本の矢がCtCスペルのトリガーとなる
長所
複数のターゲットを攻撃でき、集団の掃射に最適。最小と最大ダメージボーナスがスキルレベル23以降付く。
スキルEDが無いため、Fortitude等の防具EDが他スキルに比べて非常に有効。
(マルチ尼をメインキャラにするなら、余った資産全てを篭手強化(ジェムメルディング+レシピ50)に使うのもオススメ)
短所
高レベルにおいてマナコストが非常に高い
slvl12-89-1617-2223-2829+
武器ダメージ3/4
最小ダメージ+1
最小ダメージ (LoD)+0
最大ダメージ+2
最大ダメージ (LoD)+0
矢の数 (ES)3+1 (2レベルごとに) (22レベルでの12本が上限)
矢の数 (ES)+1 (2ベースポイントごとに。上と合わせて27本が最大。)
矢の数 (LoD)2+1 (23レベルでの24本が上限)
Oスキルのマルチプル・ショットの発射本数は50%少なくなります(切り捨て)。
トリガーアローの数 (ES)+1 (15ベースレベルごとに)
トリガーアローの数 (LoD)2
消費マナ4+1

エクスプローディング・アロー

要求レベル
6
必要スキル
マジック・アロー (1)
LoD版との違い
大幅にダメージが上昇しています。
長所
アイテムやオーラによる火炎ダメージを爆発範囲内に追加します。
短所
slvl12-89-1617-2223-2829+
火炎ダメージ15-30+10+20+30+40+40
火炎ダメージ (LoD)2-6+5+7.5+10+13+21.5
消費マナ5+0.5
相互ボーナス
マジック・アロー: +6% 火炎ダメージ (1レベルごとに)
イモレイション・アロー: +6% 火炎ダメージ (1レベルごとに)
ポイズン・アロー: +6% 火炎ダメージ (1レベルごとに)
ファイア・ウォール: +6% 火炎ダメージ (1レベルごとに)

ポイズン・アロー

要求レベル
12
必要スキル
コールド・アロー (1), エクスプローディング・アロー (6)
ESの新しいスキルです
ラグ軽減のため見た目上のエフェクトを取り除きました。
長所
短所
slvl12-89-1617-2223-2829+
毒物ダメージ(秒間)24+10.5+21+31.5+42+42
持続時間 (秒)40.2
キャストディレイ(秒)0.6
消費マナ6+0.25
相互ボーナス
マジック・アロー: +5% 毒物ダメージ (1レベルごとに)
コールド・アロー: +5% 毒物ダメージ (1レベルごとに)
フリージング・アロー: +5% 毒物ダメージ (1レベルごとに)

イモレイション・アロー

要求レベル
18
必要スキル
マジック・アロー (1)
LoD版との違い
キャストタイマーが取り除かれたので、Eastern Sunでは使っていけるスキルになりました。
長所
火炎エリアは重複して発生させることができ、すごいダメージの火場を作ることができる。
短所
エクスプローディング・アローよりも即効の爆発ダメージが少なく、動きの速いモンスターは火炎エリアから逃げてしまう。
slvl12-89-1617-2223-2829+
火炎の爆発ダメージ (ES)5-10+5+10+20+30+32
火炎の爆発ダメージ (LoD)10-201020303234
平均火炎ダメージ(1秒あたり)8.2-10.5+2.4+4.8+7.2+9.6+9.6
火炎持続時間(秒3
キャストディレイ (秒) (ES)なし
キャストディレイ (秒) (LoD)1
消費マナ6+0.5
相互ボーナス
マジック・アロー: +5% 火炎ダメージ (1レベルごとに)
エクスプローディング・アロー: +5% 火炎ダメージ (1レベルごとに)
ポイズン・アロー: +5% 火炎ダメージ (1レベルごとに)
ファイア・ウォール: +5% 火炎ダメージ (1レベルごとに)
(爆発ダメージ・持続ダメージともにシナジーボーナスが効きます。)
注釈
ここに載っている秒間ダメージはスキルの説明に載っているものと同じか近い値です(シナジー無しの時)。表記ダメージが正しいかどうか、あるいは合計ダメージの3倍に実際なっているかどうかは調査中です。スキル説明の表記「秒間ダメージ」の量は実際にはトータルの火炎持続時間中に与える合計ダメージである可能性があり、毒スキルの表記についても同様で、この場合上記の数字やゲーム内のスキル説明は実ダメージの3倍を与えているかもしれない(With the hitshift and amounts of damage used in skills.txt, one would expect the damage dealt to be 1/3rd of what the skill description lists...either the skill description is wrong, or there is a hidden multiplier)。爆発ダメージは正確なのに注意してください。秒間ダメージだけが調査中です。必要なテストをできる時間ができたらこのメモを更新します。(Verbatim)
追記(2006.10.02): この倍率は3秒持続ではないかもしれないと確信しています。というのも、持続時間を変更しても表記ダメージには反映されないし、表記持続時間にも反映されないからです(4秒に伸ばしても表記は3秒となっている)。まだ結論は出せません・・・。実ダメージを見るために、次はマルチプレイで本当の持続ダメージテストをするつもりです。

ガイデッド・アロー

要求レベル
18
必要スキル
マルチプル・ショット (6)
LoD版との違い
ダメージが増加しています。消費マナが少なくなりました。
長所
追尾性能がある。15レベル以降は消費マナが1。
短所
十分な貫通率があるなら、レジェンダリー・アローのほうが強い。
slvl12-89-1617-2223-2829+
ダメージ% (ES)100+25
ダメージ% (LoD)0+5
消費マナ (ES)8-0.5 (15レベルの1が下限)
消費マナ (LoD)8-0.25 (29レベルの1が下限)
相互ボーナス
マジック・アロー: +15% ダメージ修正 (1レベルごとに)
マルチプル・ショット: +15% ダメージ修正 (1レベルごとに)
レジェンダリー・アロー: +15 (1レベルごとに)
ストレイフ: +15% ダメージ修正 (1レベルごとに)

フリージング・アロー

要求レベル
24
必要スキル
ポイズン・アロー (12)
LoD版との違い
ダメージが上昇しています。
長所
アイテムやオーラによる冷気ダメージを爆発半径に追加します。
短所
スキルレベルを伸ばしても凍結持続時間は伸びない。
メインスキルに置いた場合、シナジーの関係から魔法(単体)+氷(範囲)と微妙に寂しい。
(ライトニングアローの場合は魔法(単体)+火(範囲)+雷(広範囲)となるため)
slvl12-89-1617-2223-2829+
冷気ダメージ(ES)14-28+14+18+23+28+28
冷気ダメージ (LoD)40-50+10+15+20+22+24
凍結持続時間 (秒)2
消費マナ9+0.5
相互ボーナス
マジック・アロー: +4% 冷気ダメージ (1レベルごとに)
コールド・アロー: +4% 冷気ダメージ (1レベルごとに)
ポイズン・アロー: +4% 冷気ダメージ (1レベルごとに)
フロスト・ノヴァ: +4% 冷気ダメージ (1レベルごとに)
コールド・アロー: +5% 凍結持続時間 (1レベルごとに)
フロスト・ノヴァ: +5% 凍結持続時間 (1レベルごとに)

レジェンダリー・アロー

要求レベル
24
必要スキル
マルチプル・ショット (6), ガイデッド・アロー (18)
ガイデッド・アロー(LoD版)との違い
武器ダメージが減少している。ターゲットを貫通すると複数回ヒットする。消費マナが固定。
長所
追尾性能がある。複数回ヒットすることで属性ダメージや壊滅打のようなダメージ源が非常に有効に働く。
短所
ノックバック等で壁際に追い詰めると、弾が壁にぶつかって消えるため複数回ヒットしない。
slvl12-89-1617-2223-2829+
武器ダメージ1/2
ダメージ% (ES, LA)6+6
ダメージ% (ES, GA)100+20
ダメージ% (LoD, GA)0+5
消費マナ (ES)8
消費マナ (LoD)8-0.25 (29レベルの1が下限)
相互ボーナス
マジック・アロー: +6% ダメージ修正 (1レベルごとに)
マルチプル・ショット: +6% ダメージ修正 (1レベルごとに)
ガイデッド・アロー: +6% ダメージ修正 (1レベルごとに)
ストレイフ: +6% ダメージ修正 (1レベルごとに)

ライトニング・アロー

要求レベル
30
必要スキル
マジック・アロー (1), マルチプル・ショット (6), エクスプローディング・アロー (6) ,イモレイション・アロー (18)
ライトニングフューリー(Lod)との違い
ダメージが少ない。発生するボルトの数が2/3の半径までしか届かない。これは矢の方がジャベリンよりも攻撃速度が速いためです。
長所
大量のライトニングボルトがモンスターにヒットするたびに発生する。十分な貫通率があればモンスター集団に非常に効果的。
短所
単体相手には効果的ではない。
slvl12-89-1617-2223-2829+
最小稲妻ダメージ1
稲妻ダメージ(ES)30+18+24+30+36+36
ボルトの数2+1 (30レベル以降は2レベルごとに+1)
消費マナ10+0.5
相互ボーナス
マジック・アロー: +1% 稲妻ダメージ (1レベルごとに)
イモレイション・アロー: +1% 稲妻ダメージ (1レベルごとに)
エクスプローディング・アロー: +1% 稲妻ダメージ (1レベルごとに)

ストレイフ

要求レベル
30
必要スキル
マルチプル・ショット (6), ガイデッド・アロー (18), レジェンダリー・アロー (24)
LoD版との違い
なし.
長所
攻撃が速い。CtCスペルが頻繁に発動する。
短所
ストレイフロックの可能性がある(ストレイフの連続射撃が終わるまで動けない)。
注釈
モンスターの数が最大発射数と同じかそれよりも多いなら、ストレイフは最大数の矢を放ちます。そうでなければモンスターと同じ数の矢を放ちますが、モンスターが残っている限り少なくとも最小本数は発射します。
slvl12-89-1617-2223-2829+
武器ダメージ3/4
ダメージ%8+8
最大ターゲット数5+1 (6レベルの10が最大)
最小ターゲット数2 4レベルごとに +1
(例、4レベルで3。最大数は越えない。)
Oスキルのストレイフは50%少ない矢を放ちます(切り捨て)。
消費マナ11
相互ボーナス
マジック・アロー: +6% ダメージ修正 (1レベルごとに)
マルチプル・ショット: +6% ダメージ修正 (1レベルごとに)
ガイデッド・アロー: +6% ダメージ修正 (1レベルごとに)
レジェンダリー・アロー: +6% ダメージ修正 (1レベルごとに)

Front Page   Edit Freeze Diff Backup Attach Copy Rename Reload   New All Pages Search Recent Changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 10-27-2018 (Sat) 09:15:58 (19d)