このページは、BlinnさんのキャラクターガイドEliminator Connie - Elemental Martial Arts Assassinの翻訳です。


コンセプト

これは、「セット愛好家トーナメント」用に作った私のアサシン・コニーに基づいた、属性系マーシャルアーツ・アサシンのガイドです。コニーは両手爪アサシンで、稲妻ダメージ・メインですが、他の属性についても非常に大きなダメージを与えることができます。属性系のチャージ・スキルに多くのポイントを振ってあるため、どんな耐性を持つモンスターでも、無事ではいられません。コニーは非常に攻撃型のキャラクターです。アサシンは、バーバリアンや変身ドルイドほどたくさんのライフは持っていません。そこで、敵から大きなダメージを受ける前に素早く倒すことが重要になります。属性ダメージがメインということは、敵から吸えるライフの量も少ないということです。しかしアサシンの、非常に強力で行動をコントロールできる(使用スキルを術者が選べる)2体の手下(シャドウ・ウォリアーのこと)は、安全面でかなり役立ってくれます。コニーはアイテム持ち込みなしで作成し、ナイトメアの第5章でトゥーム・ヴァイパーの毒ミサイルで死ぬまで、ほとんど大きなトラブルなしに進めました。その後は非・トーナメントキャラとして、手持ち資産をフルに投入したため、強さも格段にアップしました。

(訳注:トーナメントとは、シングルで一定の縛りやボーナス得点を決めて、自己申告制で競争することです。例えば、セットアイテムしか使ってはいけない、とか、クエスト1個消化ごとに1点など。diabloiiネットのシングルプレイ板で始まり、ES板に広まりました。原則としてアイテムの持ち込みはなしで、非HCキャラで作ってもいいのですが、1回キャラが死ぬとそのキャラはアウト、というルールが多いです。自己申告制なので嘘を付こうと思えば付き放題ですが、かなり正直にプレイされているようです。コニーは、トーナメントのキャラとしてアイテム持ち込みなしでプレイしていたけれど、一度死んでしまった時点でトーナメント失格になったので、そこからは普通のシングルキャラとして強いアイテムをいろいろ持たせて育てたということです)

スキル

Claws of Thunder
25

CoTはメインの殲滅スキルです。CoTには4フレームのネクスト・ディレイがあるため、ノヴァの命中したモンスターは、そのあとのチャージド・ボルトのダメージは受けません。しかしチャージド・ボルトはそれらのモンスターをすり抜けて、離れたモンスターにヒットします。結果として、CoTの効果範囲はかなり広く、大きな部屋やフィールドにばらけたモンスターを一掃するのに最適です。CoTはチャージの必要なスキルの中で最大のダメージ量を誇ります。

コニーのレベル71 Claws of Thunder
Charge 1: lightning damage 2-59684
Charge 2: nova 13-49818
Charge 3: charged bolt 13-77832

Phoenix Strike
20

PS自体のダメージは大したことありませんが、他の3つの属性チャージスキルすべてにシナジー効果を与えるため、最大にするかいがあります。3つの属性ダメージを同時に与えるため便利ではありますが、私はたいてい他の単属性のチャージスキルの方を使います。それらのスキルの方がダメージが大きいからです。また、PSにも4フレームのネクスト・ディレイがあります。使い方に関していえば、PSは4つの属性チャージスキルの中で一番重要でないので、もし他のチャージスキルと併用するとしても、これを最後にチャージするといいでしょう。

(訳注:この文、ちょっと意味不明です。ほかのチャージが貯まった時点で、状況が緊迫していれば開放、余裕があるときだけPSもチャージすればいい、という意味でしょうか?)

コニーのレベル62 Phoenix Strike
Charge 1: meteor 4857-5341 and fire explosion 7057-7521 per second
Charge 2: chain lightning 4-18960
Charge 3: chaos ice bolt 1377-1445

Fists of Fire
残り

Blades of Iceより大きなダメージを与えますので、これが第2の攻撃スキルになります。稲妻無効対策としては、単にBoIよりダメージが大きいというだけでなく、残り火のダメージもあるからです。しかし、1ポイント+ブーストのBoIも、敵を凍結させたいときには非常に役立ちます。

コニーのレベル50 Fists of Fire
Charge 1: fire damage 20331-20409
Charge 2: fire over radius 3.3 yds
charge 3: fire damage 19232-20492 per second

Blade of Ice
1

コニーのレベル39 Blades of Ice
Charge 1: 17269-17582
Charge 2: cold damage radius 5.3 yds
Charge 3: freeze duration 19.2 sec

Dragon Claw
1

チャージ解放のためのフィニッシュ・スキルです。特にこのスキル自体はすごいというわけではありませんが、必要十分な仕事をしてくれます。

Shadow Warrior
25

このビルドで使われる、よくコントロールされたシャドウ・ウォリアーは、ゲーム中で最も破壊力がある手下でしょう。純粋に殺戮能力を比較すれば、ウォーターエレメンタルですら色あせて見えます。シャドウ・ウォリアーの使うスキルのレベルは、シャドウ・ウォリアーのレベルの1/3+キャスターのそのスキルのレベルの1/2です。もし、シャドウ・ウォリアーのレベルが21で、Claws of Thunderのレベルが20なら、彼女はレベル17のClaws of Thunderを使います。

さらには、シャドウはプレーヤーが受けられる限界以上にシナジーの恩恵を受けられます。つまり、プレーヤーは実際に振ったポイントの分しかシナジーを受けられませんが、シャドウへのシナジーは、アイテムでブーストされた分も有効です。ただし、あるスキルからシナジーを受けるには、シャドウが一度そのスキルを使う必要があります(一度使えばそのシャドウが死ぬまで有効)。ですから、シャドウに一通り4つの属性チャージスキルを使わせるため、シャドウ召喚直後は、ダメージ的に弱いBoIやPSも一通り使うようにしましょう。

シャドウ・ウォリアーは、どんなにスキルレベルを上げても、装備はマジック(青物)のブレード・タロン、セスタス、兜、鎧の4つで変わりません。ヘル難易度では、物理ダメージはほとんどなきに等しいです。また、靴を全く装備していないので、キックのダメージも悲しい限りです。属性チャージスキルは、この武器やキックのダメージの弱さをうまくカバーしてくれます。

Shade Armor
1

スキルブースト装備が整ってくると、シェード・アーマーは対物理防御に抜群の効果を発揮します。ただし、装備が弱いうちは、フェードやバースト・オブ・スピードを使う方が実戦的でしょう。「サムライ」ビルド(訳注:刀系武器+居合い切りを使うビルド。馬場のコンセントと同じで防御値が上がる)と違って、このビルドはレンガの壁とまではいきません。しかし、シェード・アーマーで強化されたアサシンと2体のシャドウは、ヘル難易度を十分乗り切れるタフさを持っています。

Melee Mastery
1

ダメージの上昇は悪くありません。それによってライフ吸いが少し増えるのもいいことです。しかし一番重要なのは、攻撃値の上昇です。

Cobra Strike
1(オプション)

ライフ吸いは多ければ多いほど助かります。特に爪で物理ダメージがあまり稼げない場合にはなおさらです。もっとも私は、割り当てるホット・キーが足りなくなってしまったため取りませんでした。

Mind Blast
1(オプション)

もし使うとすれば、クラウド・コントロール(モンスターの大群の制御)として非常に優れたスキルです。このスキルも、私はホット・キーの関係で取りませんでした。

Blade Shield
1(オプション)

ブレード・シールドのダメージには、武器ダメージの一部が反映されます。しかしこのビルドでは、爪の物理ダメージは重視していないため、刀系武器などに比べると反映されるダメージには雲泥の差があります。ダメージとライフ吸いがちょっと増えるのは悪くはありませんが、絶対に不可欠なスキルではないです。私は今のところ取っていませんし、また取る予定もありません。

Shadow Master
20(オプション)

ルーンワード「ふへい」を作成する望みがなければ20ポイント入れましょう。しかしPlugYでスキルポイントが振り直せない場合は、とにかく「へ」を拾うまで我慢した方がいいかもしれません。ルーンワード「ふへい」に付いている、レベル20のシャドウ・マスターのチャージが、シナジーとして働くからです。

もしウォリアーに1、マスターにマックス振った場合、召喚できるのは、弱いウォリアー2体か、弱いウォリアー1体+強いけれどコントロールできないマスター1体になります。

もしウォリアーだけマックス振った場合、召喚できるのは、強いウォリアー1体になります。

もしウォリアーとマスター両方にマックス振るか、ウォリアーマックスで「ふへい」のシナジーバグを使うと、強いウォリアー2体を召喚できます。ちなみにマスターに1ポイントでも振ってしまうとシナジーバグは働かなくなってしまいますので注意。

前提スキル
1

スタット・ポイント

筋力
装備合わせ
敏捷性
装備合わせ
バイタリティー
残り全部
エネルギー
ベース

コニーのスタット・ポイント(レベル85):
筋力: 172
敏捷性: 172
バイタリティー: 472
エネルギー: 37

防御値: 6052
ライフ: 3222 (BO込み)
マナ: 642 (BO込み)

レジスト・ヘル難易度 (Fade込み):
火炎: 68%
冷気: 82%
稲妻: 82%
毒物: 68%

スキル・ダメージ・ブースト (Aura of Divinity込み):

  • 全スキル +18
  • -29% 敵の火炎耐性低下
  • -38% 敵の冷気耐性低下
  • -43% 敵の稲妻耐性低下
  • +164% 火炎/冷気/稲妻スキル・ダメージ

装備

基本的には、最も重要なのは、マーシャル・アーツをブーストするスキル・ブースト装備です。しかし、ESにはこのビルドのためにあつらえたような装備がたくさんあります。それらの装備を同時になるべくたくさん装備することで、キャラクターの能力が攻撃面でも防御面でも飛躍的に向上します。

まず、セット・アイテムについて。ノーマル難易度やナイトメア難易度では、セットは非常にすぐれています。ヘル難易度でも「悪くない」水準ではありますが、最終装備としてはややパンチに欠けるかもしれません(特に+全スキルが必要な場合)。

サシャ・セットはそれなりに優秀で、このビルドで唯一最終装備になり得るセットです。一番のポイントは、兜が含まれていないため、ルーンワード「ふへい」やジェムワード「アーク・ディメロン」が装備できる点です。このセットを使用した場合、籠手とベルトも空きます。

イーサン・セットは、ぱっと見た限りでは、このビルドにより適しているように見えます。しかし私の評価としてはサシャ・セットより下です。兜と籠手のスロットがふさがれてしまうので、「ふへい」や「アーク・ディメロン」、籠手のジェムワードのロワー・レジスト投射などが使えません。このビルドに限っていえば、大きなマイナスです。敵の耐性-17%低下は魅力的なのですが、上記の欠点も考えると、総合評価は「中」というところでしょうか。

装備の最適化を考えると、やはりユニークとルーンワードがベストということになると思います。その中でも特によい物は、非常に貴重なルーンが必要になりますが。

序盤の装備
この項では、トーナメントでの、コニーの装備の歩みを書きます。ゲームを進めながらアサシンの装備を集めていく典型的な例のひとつです。

ノーマル難易度
最初の装備はなんでもかまいません。初期装備のカタール×2でもいいですし、最初の数レベルは安全重視で投げナイフを使ってもいいでしょう。そのうち、ジェムを拾ってジェムワードが発動できると思います。「ポイズナス」は爪、鎧どちらにも向いています。「ホーリー」も結構いいです。しばらくすると籠手を「エンシェント」に変えたくなってくるでしょう。最低でも、オートリュクス・セットのベルトと靴があると、装備集めが断然楽になります。まずは、この2つをなるべく早く手に入れるようにしましょう。

次にヴェガのセットを揃えましょう。「エンシェント」との組み合わせで、ナイトメア中盤まではスムースに進めます。兜はちょっと高価なのでギャンブルに手間取るかもしれません。青指輪、青護符のスキルタブ・リロールは、安価でスキルブーストにとても役に立ちます。

ナイトメア難易度
ヴェガ・セットの次のステップとしてはアローラ・セットでしょう。ノーマル難易度のアーニャにもらったユニーク・ストーンを白マッスル・ラップと合成してGoldark's Strapを作るのも、集金のためにはいい考えです。アローラ・セット、 Goldark's Strapと「エンシェント」籠手(できれば完璧な頭蓋骨2個で)があれば、ナイトメア終盤も十分乗り切れるでしょう。Goldark's Strapの集金は、サシャセットのギャンブル資金集めにもいいでしょう。

アローラ・セットの代わりにヴェガ・セットをそのまま使い、「アークディメロン」を加えるのもいいでしょう。4穴兜は、ナイトメア序盤から落ちるようになります。灰色のデスマスクが出たら見逃さないようにしましょう。

(訳注:「アークディメロン」は兜のジェムワードなので、実際にはヴェガ・セットとは同時装備できない。筆者の勘違いと思われる。しかし「アークディメロン」のコンビクは非常に強いので、セットにこだわらない場合、お勧めなことは事実)

ヘル難易度
(トーナメントからリタイアしたため)この時点でコニーに他キャラからアイテムを移したので、このステップは実際には飛ばしましたが、もしトーナメントを続けていたとしたら、という仮定で。

サシャ・セット、「エンシェント」籠手と「アークディメロン」兜は、ヘル難易度で十分通用する中級装備といえます。この装備でこつこつトレハンをして、最終装備を揃えていくといいでしょう。リスト・ソード、デーモン・カラペイス、ローグ・ブーツはエリートでも比較的低レベルのベースなので、集金に力を入れれば、ギャンブルで揃う可能性は十分あります。

コニーの最終装備
コニーの最終装備は以下の通りです。コメントや、ほかの候補アイテムがある場合はそれも書きました。コニーはOスキルを多用しているため、できるかぎり全スキル・フォージングを優先して施すようにしています。

武器1
Viz-Jaq'taar's Invention Unique Runic Talons (+3アサスキル、3穴)

Viz-Jaq'taar's Inventionより、このビルドに向いた武器を見つけるのは非常に難しいでしょう。スキルフォージングをおこない、ソケットにMAのスキルタブフォージング済みスキルジュエルをはめることで、すべての属性チャージスキルが+10されるのですから! 3/3の可変値マックスのViz-Jaq'taar'sを手に入れるのは大変かもしれませんが、完璧な宝石をつぎ込んでリロールする価値はあります。Viz-Jaq'taar's Inventionの必要レベルは65ですから、アサ+1ジュエルではなく全スキル+1ジュエル(必要レベル67)を入れても悪くありません(必要レベルが2上がるだけ)。その場合、MA+3、アサ+3、全スキル+4となります。ただただすばらしい…。

武器2
レア・シザース・スウェイア (12%フローズン・オーブ投射、高ダメージ)

これはコニーの「吸い取り用」爪です。Viz-Jaq'taar's Inventionより、遙かに高ダメージを叩き出します。残念なことに必要筋力・敏捷度+45%が付いているため、装備するには筋力と敏捷度にポイントを裂く必要があります。フローズン・オーブの投射確率は結構高く、そのため欠点にもかかわらずこの爪を使っています。Oスキルのコールド・マスタリーを持っているため、凍傷で敵を遅くするだけでなく、実際に敵のライフを結構削ってくれます。これを最終装備と決めた場合、スキルフォージングに、MAスキルタブフォージング済みスキルジュエル2個でMAのブーストを+5にする予定です。

別の候補としては以下のような物が考えられます

  • Viz-Jaq'taar's Inventionをもう1本装備して、MAのブーストを+20に
  • 初心者用武器に鬼Dストーニング
  • ルーンワード「もやす」でレベル3コンビクションを付ける
裏武器
ルーンワード「ししお」盾、Secret of the Ooze ユニーク・セパルカー・ワンド

ファイア・アーマーの詠唱用。

ルーンワード「ふへい」、ベースはドワーヴン・フェイスガード

ライフ吸いやレジストのような役に立つ一般的効果には欠けていますが、変わった面白い効果がいろいろ付いていて見逃せません。レベル20シャドウ・マスターのチャージは、前述のようにシャドウ・ウォリアーを大幅に強化してくれます。スキルポイントを20節約できるのは大きいです! 最大BO+8と最大ロワー・レジスト+10、どちらもこのビルドには非常に役立つOスキルです! さらに最大レベル8のデファイアンスに凍結無効まで付いて、まさに狙うべき最終装備です。「みちすう」鎧と「ふへい」兜は、属性チャージ・アサシンの最終装備の中核でしょう。

二番手候補はジェムワード「アークディメロン」です。コンビクション+11は、それだけでまさに驚きです。こんな高レベルのコンビクションは、コンビク傭兵を雇わない限りほかの装備では展開不可能です。三番手、四番手はは、Heart of JewelsとArthur's Crownです。しかし、これらのユニークより、普通は「アークディメロン」の方が先に手に入ってしまうでしょう。

ルーンワード「みちすう」、ベースはスパイク・アーマー

このビルドには最適の鎧です。といっても、被弾時テレポはちょっとやっかいです。ビルド的にしょっちゅう殴られるのは覚悟しなければいけませんから。しかも、防御値や耐性、ライフといった防御的なmodが全然ありません。それに目をつぶれば、属性マスタリー3種に全スキル+2は、ほかの鎧にはない長所です。すべての属性ダメージがブースト可能ですが、防御面のウィークポイントをほかの部位でカバーするのを忘れないようにしましょう。

残りの候補の中では、ルーンワード「てんかをとる」のスキル・ブーストやその他の良modが際だっています。
その下には、それなりに良い、たくさんのユニークやルーンワードがひしめき合っています。

籠手
Rumor of Pain ユニーク・鮫皮のグローブ (ベルトから秘密のレシピで変換)

全スキル+1に、-5-15% 敵の火炎/冷気/稲妻/毒物耐性低下 が付きます。「みちすう」鎧と同様、すべての属性ダメージをブーストしてくれます。もし資産に余裕があるなら、リロールして高可変値の稲妻と火炎耐性低下を狙うのも手です。必要レベルは32とそう高くないので、「みちすう」のウィークポイントをカバーするような加工をするといいでしょう。

たいていの装備には、資産が許せば全スキル・フォージングをお勧めしますが、籠手には籠手にしか付かない「せ」ルーンのフォージングでの「敵の防御値を無視」を付けるのも一案です。

他の候補としては、Shiva's Touch、Death's Grip、Hands of the Assassin、そしてジェムワード「エンシェント」(両吸い+ローレジ投射)も決して悪くありません。レア籠手に付くOスキルで、このビルドに有効なものはあまりありませんが、MA+3のものは悪くないでしょう。基本的に私はレア籠手が大好きなんですが、このビルドに限ってはユニークの方が良さそうです。

ベルト
Rumor of Pain ユニーク・鮫皮のベルト

他の候補としては、Harness of the Gods、the Belt of Zeus、そしてレア・ベルト。

Rumor of Pain ユニーク・鮫皮のブーツ (ベルトから秘密のレシピで変換)

他の候補としてはChillcobble、Flickerheel、そしてレア靴。靴の修飾詞には、クレイ・ゴーレムなど、役に立つ召喚のOスキルが付きます。普通は本体+シャドウ2体で前線は十分なはずですが、もう少し手下が欲しい場合にはここで稼ぎましょう。

護符
Dweia's Revenge ユニーク・アサシンズ・チョーカー

どれも役に立つmodがぎっしりつまっています。かなりのすぐれものですが、他の候補としては、強力なレア護符や、他のユニーク護符などでもいいでしょう。スキルタブ・リロールの青護符で、まれにとんでもない良品ができる可能性があります。もちろん資産のない序盤には、スキルタブ・リロールの青護符がベストでしょう。

指輪1
Killjoy's Attitude ユニーク・アサシンズ・スパイラル
指輪2
Killjoy's Attitude ユニーク・アサシンズ・スパイラル

Oスキルのエンチャントが、火炎ダメージの方は大したことありませんが、攻撃値を稼ぐのに非常に役立ちます。スキルブーストと、全レジが非常においしいです。ランダムで個別スキルボーナスが付くので、CoTなど自分の使うスキルのものが出ると最高です。

他の候補としては、Lilith's Heartや、ライフ吸い・レジ・攻撃値・スキルボーナス・良いOスキル付きのレア 指輪など。前述の通り、スキルタブ・リロールの青指輪も、序盤から使え、かつ最終装備たり得ます。

チャーム

ユニークチャームは持っているだけ持ちましょう。スキルフォージングでアサスキルが付けられるため、それだけでもスペース分以上の価値は絶対にあります。コニーは「邪悪な何か」以外のチャームは全部持っていて、全部にアサ+1が付けてあり、スキルブーストに非常に役立っています。2個のスモール・チャームはどちらもライフ吸いが付いていて非常に重宝します。

レア、マジック・チャームに関しては、マーシャルアーツ、レジスト、攻撃値、ライフなどが特に役に立ちます。

傭兵

2体のシャドウのお供がいるため、傭兵の選択の幅はとても広いといえます。どの傭兵を雇っても、ほとんど問題が出ることはないでしょう。

もっとも有望なのは第1章のローグの氷タイプで、コニーは彼女をお供に雇っています。装備で貫通を稼げば、フリージング・アロー、ライトニング・アローとも戦場では非常に頼れる助けになります。貫通付きのレジェンダリー・アローは単体の敵に対して非常に強力です。アサ本体にシャドウ2体と前衛が3人いるので、彼女が危険に巻き込まれることはまずありません。

二番手は明らかに第2章のコンビク傭兵でしょう。属性無効を打ち消し、また敵の耐性を低下させるのに役立ってくれます。

その他の傭兵も十分にうまく機能します。なぜなら3人のアサシンがサポートするので、たとえ前衛キャラであっても、そんなに大きな負担がかからないからです。

タイプ
Act 1 ローグ・ハンナ (氷)
武器
レア・アーケイン・ボウ(高ダメージ)
レア(+3 Cold Mastery)
ルーンワード「てんかをとる」鎧
籠手
Death's Grip ユニーク・セパルカー・グローブ
ベルト
Laerte's Treasure ユニーク・マーチャント・ベルト
レア籠手を変換(+8 pierce)
護符
レア(+1 Lightning Mastery)
指輪1
レア(全スキル+1、ライフ吸い、最小ダメージ)
指輪2
レア(全スキル+1、ライフ吸い、筋力)

コニーの装備強化が優先なんで、ハンナの装備はまだまだ改善の余地があります。「てんかをとる」のオーラは、パーティ全体にスキルボーナスを与えてくれますので非常に役立ちます。もちろん彼女自身の弓スキルが+6されるのも見逃せません。経験値ボーナスもうれしいおまけです。

現在の装備で特に弱い部分は、弓とベルトです。LoDのルーンワード「アイス」が作れれば彼女のビルドにはうってつけなんですが、JAHのデカールがまだ手に入っていません。ベルトはRumor of Painがもう1個手に入ったらそれに替えたいところです。Laerte's Treasureはとりあえず仮の装備です。

戦略と戦い方のコツ

大まかなスキル割り振り

  • 一般的なルールとして、Burst of Speed、Fade、Shade Armor、Phoenix Strikeといった役に立つスキルは、取れるレベルになったらすぐに1ポイント入れます(そのためのポイントは温存しておきます)。それ以外の割り振りは以下の通り:
  • Claws of Thunderは、優先してポイントを入れる最初のスキルです。ただしShadow Warriorが取れるようになったら、そちらに1ポイント。それ以降はまたCoTを伸ばします。
  • ノーマル第4章あたりから、Shadow Warriorを伸ばし始めます。三馬場やバールと対戦する前に、6-10ポイント程度は振っておきたいところです。
  • CoTに戻り、マックスにします。
  • 次にPSをマックスにします。
  • 次にShadow Warriorをマックスにします。残りはFists of Fireにつぎ込みます。

ゲーム開始直後~ノーマル難易度
たいてい私はローグが雇えるようになった時点で炎系のローグを雇うのですが、コニーは氷系ローグで行こうと決めていたので、レベル8になった時点でさっそく氷系ローグを雇いました。最初のうちは炎系より弱いのですが、それでも十分以上に役立ってくれます。ゲーム序盤は、なにが出てきてもCoTとShadow Warriorで簡単に片付くでしょう。

頭蓋骨グローブ(ジェムワード「エンシェント」)は、ローレジ投射が非常に便利です。頭蓋骨がたまるのに合わせて、サイズもアップグレードさせましょう。実は、コニーはナイトメア第5章で死んでトーナメント失格になったとき、まだ完璧な頭蓋骨2個入りのグローブを使っていました。ノーマル第1章で、欠けた頭蓋骨2個のグローブを作って以来、ずっと頭蓋骨グローブだったわけです。

第4章から第5章にかけては、シャドウ・ウォリアーを伸ばすことを考えましょう。低レベルのシャドウ・ウォリアーでは、おそらく三馬場やリスターに太刀打ちできません。ある程度レベルを上げても、リスターたちの群れにはそう長くもちませんので、何度も再召喚することを覚悟しておきましょう。

ナイトメア難易度
マックスまで上げたCoTで、この難易度のほとんどの部分はなんとかなります(特にシナジーのためのPSがマックスになってからは)。Cloak of Shadowsは便利なスキルですが、しかしLower Resistが発動できれば、そちらの方が速くモンスターを殲滅でき、むしろ安全な場合もあります。遠隔攻撃の敵に対してCloak of Shadowsを使わない場合、私の得意な戦法は、近接攻撃の敵で目一杯チャージしたのち、ジグザグに走って遠隔攻撃の敵に突っ込み、敵のど真ん中でチャージを解放する戦法です。このやり方だと、2体のシャドウの後ろで安全にチャージがおこなえ、チャージが貯まれば、速やかに遠隔攻撃の敵を殲滅できます。遠隔攻撃の敵に近づいて、それからチャージをおこなうのは、その間矢や魔法に撃たれっぱなしになりますので、まずい戦法です。ウェポン・ブロックは素晴らしいスキルですが、集中砲火を浴びながらチャージをおこなうことは非常に難しいです。

(訳注:ウェポン・ブロックは、盾ではブロックできないミサイル型の魔法(ファイアー・ボルトやオブリビオン・ナイトのミサイル)をブロックできるため、見かけのブロック率以上に有効なのですが、逆に言うとミサイル型魔法でもブロックが発生してしまうため、集中砲火を浴びないように注意、ということです)

ヘル難易度
なんとかしてシャドウ・ウォリアーを2体召喚できるようにしましょう。敵の攻撃が痛くなってきますが、シャドウ・ウォリアーが2体いれば、不利な状況で敵に圧倒されてしまう危険が減ります。複数属性のチャージスキルを持っていますので、モンスターの属性無効で困ることはないでしょう。冷気無効でないモンスターは、凍結効果で凍らせれば楽に扱えますし、冷気無効モンスターはFoFやCoTで一掃できます。

「ふへい」兜を持っているなら、戦闘が終わるごとにBOをかけ直しましょう(訳注:BOはLoDのルーンワード「コール・トゥ・アームズ」のほか、レア指輪や護符にも付きます)。持続時間は結構長いですが、それでも油断していると切れてしまうことがあります。うっかり切らして何度も痛い目にあったので、私はこまめにかけ直すようにしています。ロワー・レジストは、手当たり次第にかけまくりましょう。後ろに下がって、危険なモンスターの大群を2体のシャドウが削ってくれるのを待つこともできます。シャドウたちはたいていのモンスターには対応できますので、そんなに長くは待たないはずです。ただ、マウスの左ボタンを最初からDragon Clawにしないよう(チャージスキルにしてチャージさせるよう)気をつけてください。理想をいえば、アサシン本体もモンスターに突っ込んで、常にCoTでモンスターを殴るべきなのですが、たいていの場合はシャドウにチャージさせて、頃合いを見てDragon Clawに切り替えさせるだけでバトルが終了してしまうので、その方が楽です。

対ディアブロ・クローン戦
今のところコニーはディアブロ・クローンとは一度戦っただけですが、厄介で面倒な敵でした。もともとコニーは攻撃値がそんなに高くない上に、ディアブロはブロック率が高いので、攻撃が空振りすることが多かったです。そのため、ロワー・レジストを使っても、彼を倒すには結構時間がかかりました。物理攻撃特化の爪ではなく攻撃値が低いこともあって、ライフ吸いはないも同然で、ポットをたくさん使う必要がありました。アーマゲドンでジリジリとライフを削られ、もうちょっとでローグ傭兵が死ぬところでした。しかしそれだけ苦労して、出たのは青チャームでした。残念…。



Front Page   Edit Freeze Diff Backup Attach Copy Rename Reload   New All Pages Search Recent Changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 11-21-2006 (Tue) 04:47:47 (4687d)