インストール方法

ファイルダウンロード

ダウンロードページ(英語)
ダウンロードページ(日本語)

どちらも基本的に同じファイルですが、古いバージョンは英語ページのみにある場合があります。
どちらかでFile Not Foundになる場合、もう片方のページだと落とせる場合があります(urlが間違っている場合など)。

インストール法(Windows):

  • 1.10以上のLoDが必要です。他のMODがすでにインストールされていても構いません。
  • 初めてインストールする場合は、フル版をインストールしてください。
  • インストールは、インストーラを実行するだけです。
    Diablo IIフォルダを変更している場合は、それに合わせESのインストール先も変更してください。
  • PlugY、MLSなど他のユーティリティの組み込みはトラブルの原因となります。
    素直にESのみをインストールするだけで、LoDや他のMODと共存可能です。
  • LoDのショートカットからは従来通りLoDを起動できます。
  • ESを起動する場合は、新規に作成されたショートカットを使用してください。
    設定変更ソフトやユーティリティもインストールされますので、スタートメニューもチェックしておいてください。
  • 日本語版LoDをお使いの方は、ES本体のほかに、ES日本語化パッチもインストールしてください。
    ES本体のみでは正常に動きません。インストールの順番は、どちらが先でも構いません。

アップデート関連(Windows):

  • フル版をインストール済みの場合、パッチ版のインストールですむ場合もあります(どのバージョンのフル版が必要か確認してください)。大きな変更があった場合はフル版のみのリリースになることもあります。
  • R3x以降のフル版には、old_file_cleaner.exeというファイルが付くようになりました。R2などの上からR3やR4を入れると、古いファイルが悪さをする場合がありますので、まずこれを走らせて古い版を消してください。
  • R3xのパッチ版には、old_file_cleaner.exeはありません。ないからといってフル版のold_file_cleaner.exeを実行してはいけません。
  • old_file_cleaner.exeは日本語化パッチに含まれるファイルも一部削除します。
    • R4B以前はold_file_cleaner.exeを実行しフル版R3xやR4A、R4Bを入れたあと日本語化パッチを再度当ててください。
    • R4C以降はold_file_cleaner.exeを実行しフル版R4xを入れたあと,日本語化パッチを再度当てないでください。
      • 当ててしまうと表示がおかしくなります。
      • 当ててしまった場合は再度old_file_cleaner.exeとフル版R4xの順で実行してください。

インストール法(Macintosh):

  • Mac版はLoD 1.10(1.10b)でしか使えませんので1.10(1.10b)をまずインストールします。
  • ZIPファイルを解凍し、出てきたpatch_d2.mpqを、OSXなら"Diablo II Patch (Carbon)"に、それ以前のOSなら"Diablo II Patch"にリネームします。拡張子".mpq"を消すのを忘れずに。
  • "Diablo II/Diablo II Files/"にある同名のファイルと置き換えます。
  • Windowsユーザで、機能制限があってもいいのでMacユーザとTCP/IPで遊びたいという場合は、LoD 1.10をインストールし、Mac版MPQをDiablo IIフォルダにコピーするとMac版と完全に同じ環境になり、一緒に遊べるようになります。

インストール法補足

組み合わせ動作
英語版LoD+ES本体英語モードで動作します
日本語版LoD+ES本体動きません
日本語版LoD+JPN_TO_ENGパッチ+ES本体英語モードで動作します
英語版LoD+ENG_TO_JPNパッチES日本語化パッチ+ES本体英語版ESのショートカットで起動
英語モードで動作します
日本語版ESのショートカットで起動
日本語モードで動作します
日本語版LoD+ES日本語化パッチ+ES本体英語版ESのショートカットで起動
たぶん動きません
日本語版ESのショートカットで起動
日本語モードで動作します

ショートカット一覧:

  • ES 3.00 R full screen: ESを全画面で起動します。2個目以降のESもこのショートカットで起動できるようになりました。
  • ES 3.00 R windowed: ESを窓で起動します。2個目以降のESもこのショートカットで起動できるようになりました。
  • ES 3.00 R preference: オーラの見た目や、ゲームを作り直すたびにマップを再生成するかどうかを選択できます。
  • Gamble Filter: ギャンブル窓に並ぶアイテムを制限することができます。(シングルのみ)

注意:

  • TCP/IPゲームでエラーが起きる場合、PlugYの共有スタッシュのアイテムを減らしてみてください。また、付属のPlugY 5.06以外のバージョンはTCP/IPプレイで支障が出ますので組み込まないでください(他のMOD用にDiablo IIフォルダに入れるのはOKです)。
  • 共有スタッシュが肥大化すると、ゲームの立ち上げにも時間がかかりますし、ファイルが壊れる可能性も高まります。共有スタッシュにはよく使うもののみ置き、あとは荷物持ちキャラに持たせることをおすすめします。

fileplanetの利用法:

  • fileplanetの登録ユーザで、最近fileplaneを利用してログイン情報がクッキーに残っている場合は、上記のリンクはダウンロードページに直接飛びます。(たまに"file not found"と言われますが、その場合は何度かリロードしてみてください)
  • 上記のリンクから、fileplanetのトップページに飛ばされてしまう場合、リンクを別窓で開き、loginボタンでfileplanetにまずログインしてください。ログイン後に上記リンクを再度クリックすれば、ダウンロードページに飛びます。
  • 初めてfileplanetを使う場合は、ユーザ登録(無料)が必要です。loginボタンを押すと出てくる画面で登録してください。怪しいサイトではないですが、それでも心配な場合は、hotmailとかで捨てアドレスを作って登録しましょう。また、クッキーを有効にしておく必要があります。

Front Page   Edit Freeze Diff Backup Attach Copy Rename Reload   New All Pages Search Recent Changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 07-23-2007 (Mon) 14:00:42 (4497d)