このページは、BlinnさんのキャラクターガイドNinja NinjaBaby - Shuriken Assassinの翻訳です。


コンセプト

NinjaBabyは、ルーンワード/ジェムワード・トーナメントのために作った、アイテム持ち込みなしのHCキャラで、ヘル難易度を無事クリアすることができました。攻撃は、ほとんど手裏剣のみで、シャドウ・ウォリアー、クレイ・ゴーレム、そして気分によりシャドウ・マスターを召喚し、その背後からナイフを投げて攻撃します。手裏剣は、アサシンのスキルの中では「孤立した」スキルで、特にどのスキルと非常に相性がよいとかはありません。そこで手裏剣ビルドの場合、装備が重要になります。この記事はHCキャラについて書かれていますので、非HCキャラや、他キャラからのアイテム持ち込み有りでプレイする場合は当てはまらないこともあります。

(訳注:トーナメントとは、シングルプレーヤー同士が集まって、一定のルールの下で、新キャラをヘル・クリアまでプレイして得点を競う遊び)

似ているけどもっと強力な「ストレイフ尼」との比較

手裏剣の長所:
ストレイフと同様のスキルを使いながら、シェード・アーマーを展開でき、また盾が持てるのでブロック、高レジが稼げる。
(弓にはマスタリーがないが、投げ武器の場合)Oスキルでスローイング・マスタリーを取得できる。

ストレイフの長所:
ストレイフには物理ダメージボーナスが付くので、ダメージを伸ばしやすい。防具に付く最大ダメージ+などによる修正も、その分多くなる。
矢は投げナイフより早く数量回復する。また飛行距離も長い。
よい弓は比較的見つけやすいが、よい投げナイフは見つけるのが難しい。
アマゾンは、パッシブスキルで貫通を稼げる。装備で貫通を稼がなくて済む分、ほかのよいMODを付けられる。

言うまでもないですが、限られた同じ資産でストレイフ尼と手裏剣アサを作るとしたら、ストレイフ尼を作った方が断然強いです。しかし、そんなことはどうでもいいのです。なぜ手裏剣アサにこだわるのか? それは超カッコイイからです!

スキル

2体目のシャドウを召喚するために、まずシャドウマスターに20ポイント振りましょう。彼女は時々あっちに行ったりこっちに行ったり当てにならないときもありますが、それでもレベル20+のシャドウマスターは、ノーマルやナイトメアでは、大きな戦力になってくれます。

さて手裏剣スキルを見てみましょう。手裏剣には、物理ダメージボーナスもAR(攻撃値)ボーナスも付きません(訳注:R2EでARボーナスが付くようになった)。これは重要ですので覚えておきましょう。その分ほかのものでカバーする必要があります。手裏剣の唯一のダメージボーナスは、あまり多くないマジックダメージです。しかし、マジック無効モンスターは比較的少ないですので、私はこのボーナスを上げるために手裏剣とシナジーに上限まで振りました。でも、40ポイントも使うのだから、もうちょっとダメージが上がって欲しいところです。投げた場合も近接戦闘でも、手裏剣には近接戦闘マスタリーが効きません。要するに、手裏剣スキル自体も、ほかのアサシンスキルも手裏剣の物理ダメージとARを上げるにはほとんど役立ちません。そこで、この見た目カッコイイスキルには、もっとほかの工夫が必要です。もし、あなたがこの手裏剣アサシンの派生型を作るとして、ほかのスキルにポイントが必要なら、手裏剣は1ポイント+ブーストでも、敵10体は攻撃できるはずなので、それで十分かもしれません。

ポイズン・ストリームは手裏剣とヴェノム両方のシナジーなので、私はシャドウマスターと手裏剣の次にこれに上限まで振りました。手裏剣に上限まで振らないのであれば、このスキルも1ポイントでいいでしょう。ポイズン・ストリームはイズアル戦にも便利です。なにせ弾切れがありませんから。私はイズアル戦の時はいつも、マウスボタンを何か重いもので押さえて、それからちょっと用事を済ませに出かけます。

ブレード・センチネルは、用途的には手裏剣とかぶるので、純粋にシナジー目当てです。余ったポイントをここに振ります。手裏剣に上限まで振らないのであれば、このスキルも1ポイントでいいでしょう。

ゲーム終盤のプレ・バフ・スキル(町で、専用装備でスキルレベルを目一杯上げた状態で掛けておくスキル)として、私はシャドウ・アーマーを選びました。1ポイントでいざというときの二重の安全ネットとして働いてくれます。レジストが厳しいようであれば、かわりにフェードを使うのもいいでしょう。

コールド・ウェーヴは冷気とノックバックの効果があるため便利です。しかしダメージには期待しないでおきましょう。振らなくてもいいですが、1ポイント振っておくと、いざというとき結構役に立ちます。

手裏剣
20
シャドウ・マスター
20
ブレード・センチネル
残り
ポイズン・ストリーム
20
シェード・アーマー
1
コールド・ウェーブ
0または1
途中のスキル
各1

ステータス

現在レベル88で、NinjaBabyはライフ931、マナ501でヘルを走り回っています。HCキャラにしてはかなり少なく危険な量です。とにかく敏捷度が一番重要です。手裏剣からも近接戦闘マスタリーからも、物理ダメージボーナスやARボーナスが得られないため、それらを増やすには敏捷度を上げるしかないからです。たとえば、NinjaBaby の配分は以下の通りです。筋力87、敏捷度520、バイタリティ130、エナジー25

筋力
装備合わせ
敏捷性
できるだけたくさん、多いほどよい。
バイタリティ
100~150、もしくは必要と思われるだけ。敏捷度を上げるためなるべくケチりましょう。
エナジー
初期値

装備

NinjaBabyの装備のいくつかは、フォージング、Dストーン強化、穴開けをしてありますが、無加工のものも多いです。まあ、アイテム持ち込みなしなので、手に入れたもので何とかやりくりするしかないのですが…。

投げナイフの中では、バランスド・ダガー(バランスド・ナイフのエリート)が最強なので、まずレア・バランスド・ダガーを手に入れ、汚れた宝石1個と何度か合成して手頃なものを作成しましょう。秘密レシピには、イシリアルのレアの再合成レシピがありますが、そちらはお勧めしません。ベースダメージは大きく増えるのですが、待つしか数量回復の方法がなくなります。非イシリアルなら修理で数量回復できますし、キューブで単独合成することで255まで数量回復できます。

いくつかの探すべき重要なmod:

  1. ピアースのOスキル - 高レベルのレア・グローブに付く。最大+8。
  2. スローイング・マスタリーのOスキル - 高レベルのレア・グローブに付く。最大+4。グローブは、秘密レシピでベルトやブーツに変換できる。
  3. ITD(目標の防御値を無視) - 簡単なのは、「せ」ルーンをはめ込むかフォージングする。このビルドはARを稼ぎづらいので、このmodは事実上必須でしょう(訳注:R2EでARボーナスが追加される前の話)。
  4. ノックバック(跳ね飛ばす) - すばらしい安全対策。私はまだ装備していませんが、装備すべきmodだと思います。マジックかレアのジュエルに、2/3ルーンフォージングをするとよいでしょう。
  5. 筋力、敏捷度 - どちらも投げ武器のダメージを増加させます。敏捷度はさらにARも上げてくれます。このビルドは敏捷度に集中的に上げるので、心配しなくてもブロック率は常に75%をキープできるはずです。
  6. 最小ダメージ、最大ダメージ、強化ダメージ%、AR、CB(壊滅打)、DS(致命打) - 物理ダメージの上がらない手裏剣には外部からの手助けが必要です! できる限り多く付けましょう。
  7. アンプ、デクレピファイ発動 - 何が何でも必要とは言いませんが、非常に役に立ち、また苦労して付けるだけの価値があります。ただし、これらの呪いはCoSの盲目効果を上書きしてしまいます。
  8. マイト、アナイアレーション、ファナティシズムのOスキル - もしあなたの装備欄にこれらのOスキルを付ける空きがあるなら、どれもとても役に立つでしょう。手裏剣は左ボタンで投げられるため、右ボタンをオーラ発動用に使うことができます。(訳注:もちろん「装備時オーラ発動」がベストですが、レアやマジックに付く確率はとても低いです。Oスキルオーラは比較的よく付きます)
  9. 凍結しない - もし形勢が不利になって逃げなければいけなくなったときなど、冷気で遅くなっているのはキャラの生死を左右する問題です!

Nameless氏によるさらなる提案:

  1. インナー・サイトのOスキル - 敵の防御値と物理レジストを減少させる詠唱スキル。アンプやデクレピファイなどの呪いと同時がけが可能。
  2. エンチャントのOスキル - メイン装備や裏装備に付けてもいいし、専用装備をスタッシュに入れておいて、あらかじめ町で掛けておいてもOK。火炎ダメージは大したことはないが、ARが上がるのが助かります。効果時間も非常に長いです。
  3. -X% 敵の防御値低下 - ボスやユニークを含めた全部の敵に有効です。%で減らすので、何千もの防御値を持つ敵の場合でも大きな効果が上がります。(訳注:LoDでいうとEth(ESでいうと「ん」)につくアレです)
  4. ハート・オヴ・ヴォルバリンのOスキル - 元々のライフが低いため、かなり全スキルブーストがないとすぐ死んでしまって役に立たないかもしれません。しかし死なない程度にブーストできれば、ダメージボーナス、ARとも非常に役立ちます。でも生かしておくのに手間がかかりすぎるようなら、このスキルのことはすっぱり忘れましょう。

さて、NinjaBabyの装備は以下の通りです。ほとんどはレアです。前にも言ったとおり、これはトーナメントキャラですので、拾ったアイテムを全部使ったわけではありません。

(訳注:「ルーンワード/ジェムワード・トーナメント」は、基本的にルーンワード、ジェムワード、あるいはレア以下しか使えないというルール。ただしユニーク指輪等は可)

武器
レア・バランスド・ダガー+完璧な黒曜石×2個
+1 Tribal Skills (Barbarian only)
+20% Increased Attack Speed
+388% Enhanced Damage
+220% Enhanced Maximum Damage (Based on Clvl)
+176 to Maximum Damage (Based on Clvl)
+352 to Attack Rating (Based on Clvl)
12% Deadly Strike
-15 Monster Defense Per Hit
Replenish Quantity
Requirements -30%
Level Req. +30
"Archdimeron" ジェムワード
"Sorrow" ルーンワード
"Medicine" ルーンワード
グローブ
レア・ガントレット
+1 to Martial Arts (Assassin only)
+8 to Pierce
+132 Defense (Based on Clvl)
+55 Dexterity (Based on Clvl)
Lightning resist 28%
ベルト
レア・ヘヴィーベルト+レア・ジュエル
+2 to Bow and Crossbow Skills (Amazon Only)
+20% Increased Attack Speed
+126% Enhanced Damage
+22 to Maximum Damage (Based on Clvl
Ignore Target's Defense
+14 to Attack Rating
14% Deadly Strike
+4 to Throwing Mastery
+44 Defense (Based on Clvl)
+44 Dexterity (Based on Clvl)
Poison Resist 24%
Attacker Takes Lightning Damage of 70
Repair 1 Durability Every 33 Seconds
Level req +56
ブーツ
レア・チェインブーツ+レア・ジュエル
24% Faster Run/Walk
39% Enhanced Damage
34% Bonus to Attack Rating
+4 to Golem Mastery
+12 to Clay Golem
175% Enhanced Defense
+22 Strength
+60 Dexterity
Cold Resist 40%
Lightning Resist 35%
Half Freeze Duration
28% Better Chance of Getting Magic Items
Level req +48
護符
レア・アサシン護符
5% Mana Stolen Per Hit
+2 Death Sentry (Assassin only)
+1 Steam Sentry (Assassin Only)
+44 Dexterity (Based on Clvl)
+66 Life (Based on Clvl)
+47 Mana
Regenerate Mana 25%
Poison resist 19%
指輪1
レア・アサシン指輪
+1 Assassin Skills
+124 to Attack Rating
11% Life Stolen Per Hit
15% Deadly Strike
+3 Dragon Flight (Assassin Only)
+1 Poison Stream (Assassin Only)
Regenerate Mana 50%
All Resistances +42
Lvl 6 Teleport (60 charges)
Lvl req +28
指輪2
ユニーク指輪 Ring of Vengeance
Dストーン強化で、37% Piercing付加

傭兵

トーナメントの傭兵の装備制限のため、私は(装備が悪いと死にやすい近接戦闘傭兵は避けて)遠距離攻撃傭兵を選びました。NinjaBabyは、長い間、Act 3 氷傭兵を雇っていましたが、最終的には稲妻傭兵に変更しました。氷傭兵は、ノーマル・ナイトメア難易度ではすばらしい活躍をしてくれたのですが、ヘルに入るとパンチ力不足が感じられたためです。

(訳注:トーナメントでは、傭兵のフル装備ができないMacユーザーに合わせて、LoDで使える装備スロットしか使わないことが多い)

(もし傭兵のフル装備ができるのであれば)手裏剣アサの場合、キャラ自身は遠距離攻撃キャラで、再召喚可能な前衛(シャドウやゴーレム)も持っていますから、基本的にはどの傭兵でも役に立つはずです。ディフェンシブ馬場は非常に相性がいいように思えます。このビルドはバイタリティにあまり振りませんから、BOでライフが増えるのは大助かりです。馬場傭兵はタフなので、壁役としても最も優れています。マイトやファナ兄貴もよい選択です。ローグや魔法傭兵は、キャラと一緒に後方からパーティの火力を高め、また前衛を突破して近づいてくる敵を撃破してくれます。

傭兵の種類
Act 3 傭兵 (稲妻)
武器
LoDバージョン "SPIRIT" ルーンワード(剣)
"Thought" ルーンワード
"Insight" ルーンワード
"Conquest" ルーンワード

戦略とプレイのコツ

ゲーム序盤:
NinjaBabyは、序盤はずっと低レベルのTiger Strike、Dragon Tail、Blade Sentinelで戦いました。なぜなら、手裏剣はそれに頼れるようになるまで(スキルレベル的にも装備的にも)しばらくかかるからです。私の場合特に、アイテム持ち込みなしでプレイしたので、完全に手裏剣をメインにしても安全になるまで結構かかりました。その間の移行期間は、高レベルのシャドウ・マスターと低レベルのシャドウ・ウォリアーがカバーしてくれました。この2体の手下のおかげで、手裏剣がものになるのを待つあいだ、私は気乗りのしない近接戦闘をあまり自分でせずに済みました。私はTiger StrikeとDragon Tailに振ったポイントはあとで振り直しましたが、スキルポイントの振り直しをしない/できない場合はこれらのスキルに振ったポイントは無駄になってしまいますので注意してください。

手裏剣をなんとか軌道に乗せる:
Archdimeronジェムワードの兜を手に入れたのが、メインスキルを手裏剣へ移行する大きなきっかけでした。コンビクションの、敵の防御値低下の効果が役立ったからです。その後ARが増えて、コンビクションなしで十分な命中率が確保できるようなった時点で、今度はマイトを使うようになりました。手裏剣がちゃんと命中するようになると、適度なマナ吸い装備があればマナは十分確保できます(ストレイフ尼と同じです)。しかし、ストレイフ尼と違って盾を持っていますから、積極的にモンスターに近づいて、より攻撃的なプレイが可能です(危険なボスとかがいる場合は別ですが)。一番やっかいな問題は、投げナイフの数量回復です。何回か戦闘して、減ってきたなと思ったら、予備と替えたりキューブや町で数量回復をさせましょう。戦闘中に赤い数量警告が出て、あわてても遅いことがあります。特にファナ+エクストラファストのボスと戦闘中とかに。

ヘル:
シャドウ・ウォリアーには必ずホットキーを割り当てておきましょう。また、できればOスキルのクレイ・ゴーレムのついたアイテムを手に入れておきましょう。シャドウ・マスターは壁としては当てにならないことがあり、またシャドウ・ウォリアーは壁としてはあまり固くありません。シャドウ・マスターはしばしば後ろに下がって罠を投げることがあります。そんな時にシャドウ・ウォリアーがやられたら、すぐに再召喚しないとキャラクター自身が攻撃にさらされて危険です。クレイ・ゴーレムを召喚できれば壁が2体になり、どちらか片方がやられても、もう片方が再召喚のための時間を稼いでくれます。

階段トラップ(階段の出口で大量のモンスターの待ち伏せにあうこと)に引っかかる危険がある場所、つまり伯爵夫人の塔、メイド喫茶サリナ、バールの玉座などでは、右ボタンにCoSをセットした状態で階段を降り、とにかく降りた瞬間にCoSをかけるようにしましょう。これで命が助かることがあります。

苦手な場所:
失われた牧場とモーモー牧場は、モンスターが密集しているのでやっかいです。手裏剣を投げる前に、ポジション取りに注意しましょう。手裏剣はストレイフほど簡単に威力が上がりません。特にOスキルのピアースの装備はゲーム後半にならないと手に入りません。そのため、敵を倒すのに必要な攻撃回数が増え、時間がかかることを計算に入れないといけません。投げナイフの数量回復をなるべくひんぱんに行い、壁役が崩れ始めたらCoSなどをかけて援護しましょう。特に乳搾り女にアンプを投射されると、壁役が一気に崩れるおそれがありますので、再召喚のタイミングを逃さないようにしましょう。

バールの玉座前も非常に危険です。デュリエルの手下のサキュバスに集中砲火を食らうと、シャドウもクレイ・ゴーレムもあっという間にやられてしまいますので、つねに再召喚できるよう準備していないといけません。サキュバスを先に倒してしまうとデュリエル戦が非常に楽になります。メフィスト3体は、どんなランダムmodが付いていてもいやな相手です。なるべく1体ずつ引き離して戦いましょう。メフィスト3体にメフィスト・ティマーまでいては、とても同時には手に負えません。ディアブロは、防御値もブロック率も高く非常に手ごわい相手です。なにしろ攻撃が滅多に当たらないため、私はポイズン・ストリームで少しずつ削って倒しました。

最後に、ワールドストーンの部屋に突入する際の注意ですが、階段トラップを防ぐときと同様、まず最初にCoSをかけましょう。実際には、部屋に入ったら、一歩画面の上側に移動してからCoSをかけましょう。もしそばにヒドゥンがいれば、あなたが部屋に入ったとたんラントニングの集中砲火を浴びせてきますが、すばやく画面の上側に移動すれば、そのほとんどを避けることができるからです。そうすれば、ヒドゥンが次のライトニングを撃つ前に、落ち着いてCoSをかける余裕が生まれます。アサシン以外のキャラでも、ワールドストーンの部屋に入るときには、私は必ずこの「上に一歩避け」をやるようにしています。苦労してバールの玉座前のモンスターを倒したのに、ヒドゥンの不意討ちでやられてしまうのは馬鹿馬鹿しいです。余談ですが、もし非HCでプレイしていてヒドゥンにやられてしまった場合は、無茶せずにゲームを作り直しましょう。装備なしの-100%レジストの状態で死体回収に行くのは、どう考えても絶対に無理ですから。



Front Page   Edit Freeze Diff Backup Attach Copy Rename Reload   New All Pages Search Recent Changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 11-13-2018 (Tue) 07:14:35 (33d)