• The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
*Eastern Sun日本語化パッチ [#eea17d5b]
**ご紹介 [#o5b5369e]
人出梨さんの研究によって、長い間不明だったDiablo II日本語版・文字列テーブルの編集方法が解明され、ついにEastern Sunの日本語化が可能となりました。

当パッチを当てることにより、Diablo II日本語版(および同等環境)上でのEastern Sunのゲーム内表記がほぼ全てにおいて日本語化され、日本語版ユーザーの方には一層快適なプレイが楽しめます。

表記される文字列に関しては、人出梨さんの部分訳したテキストをベースに、未訳部分をtsuruが追加翻訳しました。文字列テーブルの編集、ファイルの構成など、パッチ製作の実務はすべて人出梨さんにやっていただいています(ありがとうございます)。

付属プログラムの日本語化やインストーラーの組み込みなど、一部未実装の機能もあり、また誤植やおかしい訳語もだいぶ残ってますが、テストプレイとバグ報告をよろしくお願いします。(tsuru)

BahaTear板(コメント欄が手狭なので、バグ報告等はこちらへどうぞ)
http://yy24.kakiko.com/bahatear/#1

ドルのカウバルーンの説明ワロスw(人出梨)

***ダウンロード [#g23ca620]
[[ES日本語化パッチ:http://miyoshino.la.coocan.jp/eswiki/?plugin=attach&pcmd=open&file=ESTrans.zip&refer=JP_Localization%20%28Japanese%29]] for ES3.00R R1G v2.2
ES日本語化パッチミラー(バハムートティア内)
http://diablomoder-bahamut-tear.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/download/download.cgi?name=ESTrans.zip
↑外部呼出し禁止なのでアドレスをコピーしてアドレスバーにコピーしてください

***インストール方法 [#db9572ad]
+日本語版LoD1.10以降(もしくは英語版LoD1.10以降+[[ENG_TO_JPNパッチ]])をインストールします。
+ES本体をインストールします。
+ESTrans.zipを作業用フォルダに解凍し、中身をESのフォルダ(デフォルトは C\:Program Files\Diablo II\es300r)に上書きコピーします。

***再び英語版でプレイする方法 [#jd5d0f3c]
PlugY.ini,PlugY_0.ini,PlugY_1.ini全ての
言語設定で日本語固定になっているので
英語固定に戻してあげてください。

 SelectedLanguage=JPN → SelectedLanguage=ENG

***技術的な問題と仕様 [#kdcebbc9]
-ワリヴが自己紹介できない。
***注意事項 [#y9ee19bd]
日本語版、もしくは英語版日本語化パッチ([[BahamutTear:http://diablomoder-bahamut-tear.hp.infoseek.co.jp/]]にて公開中)がインストールされていなければ
本パッチをインストールしてはいけません。
(プレイできません)

If your diablo II is not Japanese or you had not installed English to Japanese patch,
you must not install this patch.
You can't play ES.


***スクリーンショット [#q1b1df2c]
&ref(Nrune_j.jpg);&ref(ViperBite_j.jpg);


**見つかっている表記のミスと対応状況[#w811687e]
-raises Raven Imp's, blank coupon
-%%シャドウ・ストライクの説明文中の改行文字にnが抜けている%%Edition4ぐらいで修正
-%%馬場用ノヴァとサンダーストーム、アサ用ティースの文字列が表示されない(索引用の文字列の最初のSが小文字になっているため)%%Edition4ぐらいで修正
-%%古代の巻物5、英語の複数形になっている(2 鍛造ハンマーs、2 ドラゴン・ストーンs)%%v2.2で修正
-%%ブラック・アアーチャーと表示される%%v2.2で修正
-%%ダイヤモンドだったりダイアモンドだったり%%v2.2でダイアモンドに統一

**tsuruノート [#ea8411bd]
***To Do [#lf0c6d67]
+ライフ・マナオーブのパスが違うので、ランチャの新オーブ・旧オーブのパスを直す
+ついでにランチャを日本語化
+ついでにユーティリティ(ギャンブルフィルタ・設定メニュー)を日本語化
+カタカナ表記は「イスターンサン」とする(笑
+インストーラを組み込む
+%%「Enteringチョメチョメ」の画像を日本語化(厳しいかも%%完了
+日本語・英語の切り替えを設定メニューに入れる?

***Enteringチョメチョメ 覚え書き [#g39b1a1e]
-Entering~は英語版だとjoelさんのTXTDC6というプログラムを使って作る
-オプションで別のフォントの指定も可能(デフォルトはfont42)
-TXTDC6内に使用するfontを入れるフォルダがある
-別のフォントを使いたければ、MPQからfontXX.dc6とfontXX.txtとを抜き出してfontフォルダにコピーせよとのこと
-英語版ではfontXX.dc6とfontXX.txtがワンセットらしい
-人出梨さんの日本語化パッチをみるとfontXX.txtというのはなく、かわりにfontXX.tblがある
-そのままfont42を差し替え可能かと一瞬期待したが、日本語版と英語版ではfontの構造が全然違う?orz
-ttf化した日本語font42とかどこかに落ちてないか?(英語版のメニューのフォントのTTFは見たことあり)
-適当な隷書体ttfで代用できそうな気もする
**tbl化 覚え書き [#sedb85d1]
-基本的にpatchstring.tblに書き足して行く
-通常の日本語文字は3バイト+0の4バイトなのに対し、改行文字は2バイトなため、
改行文字の前にスペースが挟まれていないと改行と認識してくれず前の文字とくっついてしまう
-何らかの理由で日本語のstring.tblもしくはexpantions.tblを変更する必要があるときは
変更した箇所より下のみが書かれたテキストと変更した箇所より下の無いクリーンなtblを用意し
テキストをインポートする
-インポートした際にインポートした最初の行が化けるようであれば
さらにその前に null    aaa といった無駄な行をはさんでおき、後で削除する
-patchstring.tblにインポートした際、どうしてもばけるようであれば
バータックス・チョプチョプを最下行にコピーし、
行がズレないように先頭行に無意味な行を挟んでおくと解決することがある

***ES本体アップデートに対する今後の対応 [#zf562fe7]
-日本語化パッチでインストールされるファイルのうち、本体のアップデートに合わせてアップデートが必要になってくるのはたぶん日本語のpatchstring.tblだけ?
-英語のpatchstring.tblとは別フォルダだし、サイズも小さいので、日本語のpatchstring.tblも(もし更新された場合)ES本体のパッチ内に収納可能。
-その場合、ES日本語化パッチは1回インストールすればokなので楽。
-問題は、ES本体パッチを当てるとPlugY*.iniが、SelectedLanguage=ENGのもので上書きされてしまう点。
-解決策・英語版ランチャは起動時にPlugY_0.iniとかをPlugY.iniにリネームコピーするので、日本語版ランチャは別名のiniファイル(PlugY_0_jp.iniとか)を使うようにし、そっちをSelectedLanguage=JPNにする。
-実はPlugYの"SelectedLanguage"はちゃんと働いてないという話も聞くので、SelectedLanguage=の後ろにENGもJPNも付けないと意外と動いてしまったりしないだろうか?

***日本語モード←→英語モードの切り替えへの対応 [#y20f7be3]
-ES日本語化パッチの