アイテム強化ガイド

ソケット付加

ラーザックのクエスト報酬

  • 白武器、防具には、そのアイテムに許される最大数の穴があく。ただし、アイテムレベルが低いと最大数あかない場合もある。ナイトメア難易度Act3以降で拾ったものは最大数あくと考えてよい。
  • マジック(青)武器、防具には、ランダムで1~2穴あく。ただし、ESではレシピでマジック武器、防具に最大3穴あくため、ラーザックに頼むのは損。
  • その他の武器、防具には、必ず1穴あく。ただし、ESではレシピでレア武器、防具に最大2穴あくため、ラーザックに頼むのは損。
  • 穴あけレシピは、上位、エリートとコストが高くなっていくため、ラーザックにはなるべくエリートの穴あけを頼むのが得である。とはいえ、ラーザックの穴あけは制約が多く、ため込んでも余る場合もあるので、必要ならケチらず使うのが吉。

レシピによる穴あけ

  • マジック武器、防具には最大3個穴があく。むろんベースアイテムの穴の上限は越えられない(以下同)。
  • レア武器、ヘルム、ボディアーマー、シールドには最大2個穴があく。
  • レアグローブ、ベルト、ブーツには最大1個穴があく。
  • クラフト、セット、ユニーク武器、防具には最大1個穴があく。
  • 白武器、防具には希望の数の穴があけられる。
  • 通常の白武器、防具の穴あけレシピを適用すると、イシリアル、低質、上質といった性質はなくなり、普通品質の非イシリアル品になる。
  • イシリアル、上質を残したい場合はシークレットレシピを使う。「低質」はもちろんシークレットでない方のレシピを使い、消した方がよい。(ちなみにESでは上質でも修理代はさほど変わらないので、上質アイテムは貴重である)
  • 貧乏でソケットドーナツが買えない人は、レベル1キャラでユニークダガーをギャンブルし、ドーナツを自作すると安い。
  • 上位、エリートと穴あけコストは上がるが、ノーマル(非上位)のアイテムは穴あけコストも安いので、最終兵器でなくても当分のあいだ使う予定なら穴あけするのもアリ。

護符・指輪・チャームの穴あけ

  • シークレットレシピにより、穴あけ可能。チャームの場合、穴をあけるとサイズが原則として大きくなる。
  • LoDのユニーク護符・指輪(クーポンより合成)には最初から1穴あいている。
  • LoD互換のクラフト護符・指輪には50%の確率で最初から1穴あいている。

矢・ボルトの穴あけ

  • ノーマル(白)矢・ボルトとマジック(青)矢・ボルトのみ、1穴あけることが可能。
  • ノーマル(白)矢・ボルトでは、すべてのジェムワードと一部のルーンワードが発動する。

フォージング

  • フォージは炉。フォージングは鉄などを炉で熱して鍛え上げるという意味である。
  • ペナルティなしに、スキルボーナスなど結構よいボーナスを付加できる。ただし1個のアイテムに同時に付けられるフォージングは1個だけで、別のフォージングを付けたい場合は現在のフォージングを取り除く必要がある。
  • イメージとしては、普通のソケットとは別に、目に見えないソケットが1個あり、そこにスキルボーナスやライフボーナスなどをはめこめる、と考えるとわかりやすい。
  • ただし、一部の例外を除き、フォージングを取り除いても使った材料は戻ってこない。

青、黄、緑、金装備金チャーム金ジュエル青、黄ジュエル
スキルフォージング×
全スキルフォージング×××
スタットフォージング×
ルーンフォージング×××
オーラフォージング青、黄、緑、金護符のみ可
タブフォージング×××
2/3ルーンフォージング×××
(装備=武器、防具、護符、指輪をさす)
(白アイテム、クラフトアイテム、マジックチャーム、レアチャーム、矢、ボルトはフォージングできない)

スキルフォージング

  • クラス別のスキルボーナスを+1する。
  • スキルレベルが重要なキャスター系キャラの場合、ほぼこれで決まりといってよい。スキルボーナスはD-ストーニングなどでは稼げないため、物理攻撃系キャラであってもよく使われる。
  • コストは非常に高いが、全スキルボーナスを+1する「全スキルフォージング」のシークレットレシピも存在する。傭兵のスキルをブーストしたり、自分のOスキルをブーストしたい場合に使用される。

スタットフォージング

  • 最大ライフや強化ダメージなどを、D-ストーニングの4回分付加する。
  • 一般にスキルフォージングの方が好まれるが、メインスキルがマルチプル・ショットで、スキルレベルでダメージが上昇しないため、スキルより強化ダメージを付けたい、とか、最大ライフがもっと必要だけど、どのアイテムも限界までD-ストーニング済み、といった理由がある場合に使われる。
  • また、コスト的に全スキルフォージングが無理な場合、傭兵用アイテムを強化するのに使われる。

ルーンフォージング

  • ルーンをはめたときの効果を、フォージングとして付加する。
  • スタットフォージングと同様、原則的にはスキルフォージングの方が好まれるが、低級ルーンによるルーンフォージングは低コストで、序盤は特に役に立つ。(例:「跳ね飛ばす」が欲しい→弓やグローブに穴をあけるだけの資産がない→弓かグローブを「か」ルーン3個と合成→ウマー)
  • また、「凍結されない」など、ルーンフォージングでしか付加できないModも存在する。
  • ぜいたくな使い方としては、イシリアル武器に、「を(=Zod)」をはめて、スキルフォージングをするかわりに、「を」をルーンフォージングして、スキルフォージング済みのユニークジュエルをはめるといった使い方がある。この場合、ユニークジュエル自体のMod分だけ得になる。むろん、貴重な「を」を3個消費するわけだから、お金持ち向けではあるが、ESでは高級ルーンが落ちやすいため「を」3個といってもそんなに非現実的ではない。

オーラフォージング

  • 護符のみに適用できて、装備時オーラ発動を付加する。
  • いうまでもなく非常に強力だが、非常に高価で、材料として最上位のクラス別ユニーク護符から合成されるオーラ・ストーンが必要。
  • オーラ・ストーンは非常に高価なため、フォージングを取り除いた場合、オーラストーンだけは例外的に戻ってくる。

タブフォージング

  • 任意のスキル・ツリー・レベルを+1する。
  • なぜマジック、レアジュエルにはタブフォージングや2/3ルーンフォージングなどの弱いフォージングしかできないのかというと、ジュエルにはスキル+1(レア可)、全スキル+1(マジックのみ)の修飾詞が付くためである。(スキルフォージングを許すと、1ジュエルあたりスキル+2、6穴鎧に詰め込んでスキル+12、といった化け物アイテムができてしまう)

2/3ルーンフォージング

  • ルーンをはめたときの効果の約2/3を、フォージングとして付加する。
  • 武器にはめたときの効果と、兜にはめたときの効果を選択できる
  • 「跳ね飛ばす」や「凍結されない」など2/3にできない効果は、そのままフルに機能する。ちょっとお得である。
  • ルーンフォージング同様、低級ルーンを使えば非常に低コストである。弓やグローブにそのまま「か(=Nef)」をはめるくらいなら、手持ちの一番いいジュエルと「か」3個を合成して、特製跳ね飛ばしジュエルを作ってしまおう。

D-ストーニング

  • ドラゴン・ストーン(略称D-ストーン)やその変化系をアイテムと合成することにより、アイテムを強化できる。
  • 宝石等を使った宝石強化(ジェム・メルディング)というものもあるが、材料が違うだけで基本は同じ。
  • 何度でも適用できるが、1回適用するごとに必要レベルが一定値上昇するため注意が必要。
  • あらゆる装備(武器、防具、護符、指輪)を強化できる。チャーム、ジュエル、矢、ボルトは強化できない。
  • 鍵やスタミナ・ポットなどを一緒に合成することにより、さまざまなModを付加できる。
  • 一度適用したD-ストーニングは取り除くことができない。
  • 各Modには強化できる上限(たとえば強化ダメージなら900%、レシピページ参照)があり、それを越えた分の強化は無視され、必要レベルのみ上昇する。
  • D-ストーニングによって上昇してしまった必要レベルを下げるシークレットレシピが存在するが、非常に高価であり、その材料をほかの強化(全スキルフォージングなど)に使ったほうが得なので、普通はあまり使われない。
  • 当然ながら、必要レベルが低いアイテムほど強化できる回数が多いため、ESでは必ずしも低レベルアイテムが弱いとは限らない。また、大きく防御値を左右する鎧のベースアップはいいとしても、グローブやベルトなど元々防御値が低いものは、ベースアップして必要レベルを上げてしまうより、そのぶんD-ストーニングした方がよい場合もある。
  • D-ストーニングによる必要レベルの上昇は、アイテム本体とはめ込んだジュエル等の必要レベルの一番高いものに加算される。たとえば、どうしても必要レベル60のジュエルをはめたい場合、アイテム本体の必要レベルが1でも60でも同じだし、逆にアイテム本体の必要レベルが15で、どうしてもそれを生かしたいという場合は、必要レベル15以下のジュエル等をはめる必要がある。原則として、必要レベルが低いアイテムには必要レベルが低いジュエル等をはめ、必要レベルが高いアイテムには必要レベルが高いジュエル等をはめると効率がよい。

ティンカリング

  • フォージングよりもっと小さな作業、鍋の穴をふさいだりとか修繕とかのこと。
  • モンスターの臓器をアイテムと合成することにより、アイテムを強化できる。
  • D-ストーニングと違い、アイテムの必要レベルが上がることはない。その代わり、ある回数ティンカリングを行うと、そのアイテムはそれ以上ティンカリングを受け付けなくなる。
  • 何回ティンカリングができるかはやってみないと分からないが、平均で20回前後と言われている。運が悪ければ1回目で打ち止めになるが、非常に運がよければ100回以上できる場合もある。
  • モンスターの臓器はお店では買えないので、なるべく売ったりせずティンカリング用に保存しておいた方がよい。しかし、最終装備をフルにティンカリングするのに200個程度あればよい計算になるので、必要以上にケチケチせず、使うときは使ってよい。

アイテム強化の実例

アキレスの優勢(Achilles's Advantage)セット

  • ベース:ガントレット、プレートベルト、グリーヴ
  • 必要レベル:15
  • 使用キャラ:仮にレベル90パラディンが最終装備として使うものとする
アキレスセットは、安価な低レベルのセットだが、物理戦闘キャラクターには有益なMODが充実し、また、鎧と兜という重要なスロットが空くため他の装備と組み合わせやすい。また、必要レベルが低いため何回もD-ストーニングを適用でき、最終装備としての使用にも耐える。

フォージング

  • 最終装備かそれに準ずるものであれば、フォージングは当然しなければ損である。もちろん資産があればつなぎ装備でもフォージングしてかまわない。
  • Oスキルを使うことを考えると、理想は全スキルフォージングだが、非常に高価だし、将来資産がたまった時点で、全スキルフォージングを付け直すことも可能なので、ここはコストパフォーマンスの良いスキルフォージングを行う。
材料
(完璧なダイアモンド1個、聖印5個)×3
効果
パラディンのスキル +3

D-ストーニング

  • 現在のレベルが90、アイテムの必要レベルが15ということは、必要レベルが75増えてもよいということである。
  • グローブ、ベルト、ブーツにD-ストーニングした場合、1回あたり必要レベルが+4される。
  • つまり1アイテムあたり、75÷4=18あまり3なので、18回D-ストーニングができる(あまり3なのでレベル91になれば、もう一度できる)。
  • パラディンは楯が持てるとはいえ、ESではFEモンスターの爆発などで一気に数千のダメージを食らう場合もある。レジとかは余ったら無意味だが、ライフはいくらあってもいいので、とりあえず、まず最大ライフ上昇を上限まで付けることにする。
  • データベースでまず上限を確認する(重要)。Capped at 60%とあるので、1アイテムに付く最大ライフ上昇の上限は60%。つまりそれ以上つけても無駄になってしまう。1回のD-ストーニングで付く最大ライフ上昇は4%。60%つけるには15回ということになる。
    (仮に上限が4で割り切れないはどうするか。たとえば最大ライフ上昇の上限が50%だった場合、12回やって48%でやめておくのが一番無駄がない。しかしライフが少しでも多く欲しいという場合は、2%無駄になるのを承知で13回やるのもありである)
材料
(ティラニウム鉱1個)×15×3
効果
最大ライフ上昇 180%
  • さて、各パーツにあと3ずつD-ストーニング可能である。バイタリティでさらにライフを増やすもよし。近接系ならIAS、ハンマー使いならFCRやマナを稼ぐ手もある。
  • ここでは、パラディンのくせに情けないが、レジがキツイのであと15%全耐性を付けたい、ということにする。
  • さて、全部のパーツにちょっとずつ付けるか、1個のパーツにまとめて付けるか。
  • 答えは簡単。1個のアイテムにあまりに多くのMODが付くと、表示されなくなったり最悪ゲームが落ちるので、同じMODはなるべく同じアイテムにまとめるのが鉄則である。また、あとでそのMODの代わりにどうしても他のMODが付けたくなった場合、1個にまとまっていれば、そのアイテムだけ作り直せば済む。
  • というわけでここではブーツに3回、全耐性を付けることにする。3回で12%で、目標にちょっと足りないが、もう1レベル上がればもう1度できるので我慢する。
材料
(聖印1個)×3
効果
全耐性上昇 12%
  • 同じような考え方で、グローブ・ベルトを加工する。装備の最終形が確定していないのであれば、無理に限界まで加工せず保留しておくのもよい。
  • セットアイテムの場合MODが多いので、複数のMODが付くジェムメルディングはあまり多用しないほうがよい。使うにしても種類を絞ること。

ソケット

  • 最終装備であれば穴開けは当然。グローブ、ベルト、ブーツ、指輪、護符に穴があくこと、それからLoDと違い、レシピでセットやユニークに穴があくことを忘れずに。
  • アキレスセットの必要レベル15という特長を生かすには、何をはめるか難しい。
  • まずユニークジュエルは無理である。
  • つなぎで宝石をはめるとしたら、標準の宝石(必要レベル14)まで。
  • しかし、フォージングでは必要レベルは上がらないので、はめるならフォージング可能なジュエルがお得である。
  • 手持ちのジュエルで必要レベル15以下でいいやつを3つ選び、スキルタブフォージングする。スキルタブフォージングは安いので、よりよいジュエルが手に入った時点でそれにフォージングをやり直して詰め替えることも可能。あるいは、つなぎと割り切るなら2/3ルーンフォージングもよい。

ティンカリング

  • ティンカリングはおまけみたいなもので、やれ属性ダメージが10増えた20増えたと大騒ぎせず、運試しでやるのが精神衛生上、吉。
  • レアやクラフトは振り直したら意味がないが、セットやユニークは振り直せるので、先に限界までティンカリングして、結果が悪かったら振り直すという手も一応あり。でもユニークの場合、可変値が悪くなるおそれもあるので微妙。

Front Page   New All Pages Search Recent Changes   Help   RSS of recent changes