*Eastern Sun 3.00 日本語化パッチ&br;(インストーラー付きが完成!)[#eea17d5b]
**ご紹介 [#o5b5369e]
人出梨さんの研究によって、長い間不明だったDiablo II日本語版・文字列テーブルの編集方法が解明され、ついにEastern Sunの日本語化が可能となりました。

当パッチを当てることにより、Diablo II日本語版(および同等環境)上でのEastern Sunのゲーム内表記がほぼ全てにおいて日本語化され、日本語版ユーザーの方には一層快適なプレイが楽しめます。

表記される文字列に関しては、人出梨さんの部分訳したテキストをベースに、未訳部分をtsuruが追加翻訳しました。文字列テーブルの編集、ファイルの構成など、パッチ製作の実務はすべて人出梨さんにやっていただいています(ありがとうございます)。

[[バハティア板雑談スレ:http://yy24.kakiko.com/test/read.cgi/bahatear/1138623341/l50]](コメント欄が手狭なので、バグ報告等はこちらへどうぞ)

***ダウンロード [#g23ca620]

ES日本語化パッチ v2.7(ES R2A以降対応) 
&ref(estrans_v270.zip);


***インストール方法 [#db9572ad]

-日本語版LoD1.10以降、もしくは同等環境と、ES 3.00 R2A以降が必要です。
-人出梨さんの開発した、英語版日本語化パッチ([[BahamutTear:http://diablomoder-bahamut-tear.hp.infoseek.co.jp/]]にて公開中)で、擬似的に、英語版LoDを日本語版と同等環境にすることが可能です。
-Eastern Sun本体と日本語化パッチは、どちらを先にインストールしてもOKです。
-インストーラーを実行し、必要に応じインストール先を変更してください。
-将来Eastern Sunの本体がアップデートされた場合、原則として本体のみをアップデートすればOKです。日本語化パッチを入れ直したりする必要はありません。


***使用法 [#t35f88b6]

-日本語版のショートカットが生成されますので、そちらから起動してください。
-英語版のショートカットはそのまま残り、そちらから起動すると、英語モードで起動します。
-英語モードを使用しない場合は、プログラムグループごと削除してしまって構いません。


***技術的な問題と仕様 [#kdcebbc9]

-バーバリアンのスキル「雄叫び」は、英語版ESでは「Highland Skills」に変更されており、「高地のスキル」とでも訳すべきなのですが、技術的な問題で変更することができませんでした。将来、対応でき次第、直していきたいと思います。


**見つかっている表記のミスと対応状況[#w811687e]
-「雄叫び」
-%%リロールのオーブの「Arrow Reroll Point」→「矢リロール・ポイント」%%R1Bにて修正
-%%リロールのオーブの「Bolt Reroll Point」→「ボルトリロール・ポイント」%%R1Bにて修正
-%%サリーナ書店のF2にいるのは「戦う侍女サリナ」(モンスター側を修正したほうが楽?)%%文字列はR1Bにて修正、画像は日本語化パッチ2.70にて修正
-古代の巻物15で、「欠けたダイヤモンド 5」と表記されるべきところが「欠けたダイヤモンド」と表記されています。R1Dにて修正予定。
-ギャンブルフィルターが正常に動作しない。日本語化パッチ2.80にて修正予定。とりあえず英語版のギャンブルフィルターをご使用下さい。
-ライフ、マナ・オーブが切り替えできない。日本語化パッチ2.80にて修正予定。
-スターティング画面が変更されていない。日本語化パッチ2.80にて修正予定?

//To 人出梨さん
//ワリヴ以外にも問題が出る可能性があるので、当面スキルタブ名の方を妥協しました。バイナリエディットで問題が出るのは、ファイルの最初の2バイトにcrcを計算して埋めてあるためだそうです。crcの計算法も紹介されていたので、将来的には何とかなりそうです。

//**インストーラー組み込みに関するメモ(人出梨さんあて) [#pf7b69c7]

//インストーラー組み込み前のES日本語化パッチをアップしておきますので、変えるべきところとかありましたら、どんどんいじってください。
//&ref(estrans_v260_kaihatsu.zip);

//インストーラーはここで配布しているフリーの物です。
//http://www.webtech.co.jp/onlinesoft/exepress/download.html
//-書庫編集のボタンで窓を開き、ファイルをドラッグ&ドロップし.cabを作ります。
//(上記zipの場合、estransフォルダの下のファイルをドラッグ&ドロップ)
//-メインウィンドウに戻って、設定読み込みで上記zip内のestrans.iniを読んでみてください。
//-あとは入力ファイル名(さっき作った.cab)と出力ファイル名を指定して作成を押すだけです。
//-ショートカットの作成等は詳細ボタンで行います(現在ESの構成に合わせて設定済みです)

//**tsuruノート [#ea8411bd]
//***To Do [#lf0c6d67]
//+ライフ・マナオーブのパスが違うので、ランチャの新オーブ・旧オーブのパスを直す
//+ついでにランチャを日本語化
//+ついでにユーティリティ(ギャンブルフィルタ・設定メニュー)を日本語化
//+カタカナ表記は「イスターンサン」とする(笑
//+インストーラを組み込む
//+%%「Enteringチョメチョメ」の画像を日本語化(厳しいかも%%完了
//+日本語・英語の切り替えを設定メニューに入れる?


//***Enteringチョメチョメ 覚え書き [#g39b1a1e]
//-Entering~は英語版だとjoelさんのTXTDC6というプログラムを使って作る
//-オプションで別のフォントの指定も可能(デフォルトはfont42)
//-TXTDC6内に使用するfontを入れるフォルダがある
//-別のフォントを使いたければ、MPQからfontXX.dc6とfontXX.txtとを抜き出してfontフォルダにコピーせよとのこと
//-英語版ではfontXX.dc6とfontXX.txtがワンセットらしい
//-人出梨さんの日本語化パッチをみるとfontXX.txtというのはなく、かわりにfontXX.tblがある
//-そのままfont42を差し替え可能かと一瞬期待したが、日本語版と英語版ではfontの構造が全然違う?orz
//-ttf化した日本語font42とかどこかに落ちてないか?(英語版のメニューのフォントのTTFは見たことあり)
//-適当な隷書体ttfで代用できそうな気もする
//
//***ES本体アップデートに対する今後の対応 [#zf562fe7]
//-日本語化パッチでインストールされるファイルのうち、本体のアップデートに合わせてアップデートが必要になってくるのはたぶん日本語のpatchstring.tblだけ?
//-英語のpatchstring.tblとは別フォルダだし、サイズも小さいので、日本語のpatchstring.tblも(もし更新された場合)ES本体のパッチ内に収納可能。
//-その場合、ES日本語化パッチは1回インストールすればokなので楽。
//-問題は、ES本体パッチを当てるとPlugY*.iniが、SelectedLanguage=ENGのもので上書きされてしまう点。
//-解決策・英語版ランチャは起動時にPlugY_0.iniとかをPlugY.iniにリネームコピーするので、日本語版ランチャは別名のiniファイル(PlugY_0_jp.iniとか)を使うようにし、そっちをSelectedLanguage=JPNにする。
//-実はPlugYの"SelectedLanguage"はちゃんと働いてないという話も聞くので、SelectedLanguage=の後ろにENGもJPNも付けないと意外と動いてしまったりしないだろうか?
//
//***日本語モード←→英語モードの切り替えへの対応 [#y20f7be3]
//-ES日本語化パッチの動作条件は、日本語版LODもしくは同等環境(英語版+人出梨さんのENG_TO_JPNパッチ)
//-ということは、英語モードにしても意味がないというか、そのままでは走らない? のでサポート不要?

#pcomment(jp_local_Comments,5,below)

Front Page   New All Pages Search Recent Changes   Help   RSS of recent changes