2013年なのにDIABLO2


プロフィール

2013年…Diablo3が稼動しているのにDiablo2を開始した男の記録。

黒ハゲザカラム狂信者

XX-XX-XXXX Diablo2との出逢い

日記というよりは記録。既にナイトメアを駆けているZeelot.
連れのローグは当然氷。冷たい中に真実の愛を求めているのだ。

Diablo2との出逢いは、店頭の試遊機だった。
確か当時はUltimaOnlineやEverQuestをプレイしていた記憶がある。
アマゾンと言えば仮面ライダーか女だらけの種族で
捕まったら死ぬまで気持ちいいんだろうな…程度の認識しかなかった頃だ。
今ではその試遊機のあった電気屋も潰れてしまった。

試遊期のモニターの中でLooks like 内○裕也とセフィロスのあいのこが走る。
ラカニシュ!と叫ぶ敵にスケルトンをけしかけるだけだった。つまんない。
しかし、暫く後に(LoD後)Diablo1の面白さは知っていたので、
友人達と購入してみた。俺のグラボはVoodoo3だったので
スムーズに動いてくれた。CPUはセレロン433mhzくらいだったか。
そんな自作機に20万近く払っていたのが懐かしい。

帰宅してから作ったキャラはバーバリアンだ。
しかも一撃リープ馬場に育っていったと思う。
友人のソーサレスやパラディンと比べて何かが足りない気がしたが
当時は気にならなかった。何故なら中央に立っていて肉弾キャラだ。
左右には胡散臭い奴らしかいない。主人公にしか思えない。
ドルイドもなかなか…と最初テストはしてみたが、立ち絵が海外CEOのようで
どうにも嫌いだった。

そんなこんなんで触れたり触れなかったりを繰り返し2013年。
埃を被っていたDiablo2を再度インストールした。
SteamでBaldur'sGateとFable3を購入したところ英語だったのだ。
日本語だと思っていた。有志による日本語版があると思っていた。
俺が甘かった。

当時と比べWindowsは98から7に。俺も独身から既婚者に。
娯楽に使えるお金は月20万円から2万円に。
そして愛していたガチムチバーバリアンではなく、
品行方正、悪即斬のパラディンへキャラを変えた。

流石に同じものではつまらないので、
Eastern SunというModと共に幾度になるか分からない
再プレイを開始した。

コメント



Front Page   New All Pages Search Recent Changes   Help   RSS of recent changes